大阪・京都・兵庫・奈良でお葬式なら、家族葬から納骨・永代供養まで葬儀ステーションにお任せください。

ご葬儀のマナー

ご葬儀・お葬式のマナー紹介

トップページ ›ご葬儀のマナー

ご葬儀のマナー

服装

ご遺族の服装

男性は、黒スーツで白いワイシャツ、黒ネクタイを着用します。タイピンはつけません。ベルト、靴下、靴などの小物類も黒にします。通夜は喪服を着用せずにダークスーツでもかまいません。

女性は、黒スーツか黒ワンピースで肌を露出しないものを着用します。服やバック、靴などの素材は光沢のないものを選びます。アクセサリーは結婚指輪以外は外します。特にゴールドの指輪はNGです。つける場合は、一連の真珠のネックレスにします。お化粧の色味を抑える様にしましょう。

参列者の服装

男性は、黒スーツに黒ネクタイ、もしくはダークスーツに黒ネクタイを着用します。
女性は、黒スーツか黒ワンピース、もしくは地味な色のスーツやワンピースを着用します。
アクセサリーは、真珠の一連のネックレス程度にしましょう。

お子様の服装

学生の場合は、制服を着用します。制服が無い場合はブレザーと白シャツ・ブラウスに無地の黒、紺、グレーのズボン・スカートなどが望ましいです。明るい色のリボンや髪飾りは避けましょう。

香典

お付き合いの程度も大事ですが、自分の気持ちを表すという考え方からすれば、お金よりいたわりの心が大切です。香典は親しい付き合いでなければ、気持ちだけ包むようにし、場合によっては控えてもよいでしょう。
香典を出さなくても、真心でお焼香だけさせていただく場合もありますし、告別式には参加せず、出棺のときだけお見送りすることもできます。
気持ちだけの現金を包んだ時は、「気持ちだけお包みしましたので、お返しはご辞退いたします」などのメモを現金と一緒に入れてはどうでしょうか。

一応の目安として香典の相場金額をご紹介します。

両親 30,000円~100,000円 勤務先の上司 5,000円~
兄弟姉妹 30,000円~50,000円 勤務先の社員 5,000円~
祖父母 10,000円~50,000円 勤務先の社員の家族 3,000円~
おじ・おば 10,000円~30,000円 取引先 10,000円
その他の親戚 3,000円~30,000円 恩師・先生 3,000円~
友人・知人 3,000円~ 隣近所 3,000円~10,000円

供花・供物

生前に親しかった方や会社・団体関係から送られます。

供花は、葬儀会場近辺の生花店や葬儀場・斎場に注文するのが一般的です。地方によって使用しない場合もありますので、遠方へ出す場合は葬儀を施行する葬儀社に確認してから出しましょう。

供物は、お菓子・お茶・海苔・果物・缶詰・乾物・花が一般的ですが、宗教によりしきたりが異なりますので、気を付けましょう。

お焼香・献花

お焼香は3回繰り返します。会葬者が多いときは1回だけでもかまいません。故人さまの冥福を祈る気持ちが大切なので、回数の決まりはありません。また、通夜に弔問するときは、線香をあげます。線香は1本手にとり、ろうそくの火を線香に移したら、片手であおいで火を消して立てます 線香を2本たくときは、香炉に1本ずつ離して立てますが、宗旨によっては、線香を寝かせる場合もあります。

キリスト教では、葬儀の際に焼香はしませんが、参列者が祭壇に1本ずつ白い花を供えていく献花をします。最近はキリスト教の葬儀以外でも、オリジナルの葬儀のかたちとして献花を取り入れるお葬式を見かけるようになってきました。一般的に、スタッフや信者から花を渡されたら茎を故人さま側に向けるように置きます。無宗教で献花によるお別れが行われた場合も同様に置きます。

通夜参列のマナー

通夜の知らせを受けた場合、時間と場所を確認します。できれば開式10分くらい前には到着するようにします。

受付

受付では、お悔やみを述べ、香典を手渡し、記帳をします。

通夜・お焼香・通夜ぶるまい

通夜は僧侶の読経で始まります。ご焼香の際には、前の人に続いて、あまり間隔を開けないように、静かにご焼香を済ませましょう。お焼香終了後は、係の指示に従います。

葬儀・告別式参列のマナー

本来「葬儀」は宗教儀礼、「告別式」は社会儀礼に分かれていたものです。葬儀式は故人さまを送る儀式であるのに対し、告別式は皆でお別れをする場になります。葬儀・告別式を一緒に行っているように見えても、前半は葬儀式、後半は告別式とし、お経や作法を区別して行っていることも多いです。
参列する時は、開式10分くらい前までには到着し、途中で退出せずに出棺までお見送りするようにしましょう。

お焼香

会葬者が多い場合はお焼香の長い列ができます。前の人が終わったら進み出て心を込めてお焼香し、故人さまの冥福を祈ります。お焼香の際、バッグは小わきに挟むか人に預けるようにしましょう。
お焼香の前で、まず一礼し、お焼香を済ませた後、もう一度一礼し後方に気を付けながら下がりましょう。

出棺

告別式が終わると、お柩のふたがあけられて最後のお別れとなります。お別れの儀式の後、親族や近親者の男性によってお柩がご移動され、霊柩車へ乗せられます。出棺は、一般会葬者が故人を見送る最後の場です。急用でもない限り帰らずに、このときまで待って見送るのが礼儀です。
寒い日の屋外で出棺を待つ間は、コートなどは着ていてもかまいませんが、喪家側の挨拶のときには脱ぎ、霊柩車が走り出す直前に丁寧に頭を下げ、合掌して冥福を祈ります。

火葬とお清め

特に親しかった友人・知人は、ご遺族に勧められ、火葬に立ち会う場合もあります。指定された車に乗り火葬場に向かいます。火葬場では、お柩を火葬炉前に安置すると僧侶が読経・ご焼香を行い、そのあとに、ご親族がご焼香してお柩を炉に納めます。火葬終了後ふたり一組で骨を拾い、骨壷に納めます。火葬場から帰ったら、塩を振ってもらってお清めをします。(宗旨宗派や地域により異なります)

精進落とし(初七日)

遺骨が戻り、遺骨回向、初七日の法要が終わると、ご遺族側で精進落としの宴席を設けます。
慰労と感謝の気持ちを込めてお酒と料理がふるまわれます。ご遺族の心労を考えて、あまり長居はしないようにします。