大阪・京都・兵庫・奈良でお葬式なら、家族葬から納骨・永代供養まで葬儀ステーションにお任せください。

生活保護受給者の方へのご案内

生活保護受給者への葬祭扶助制度の適用について

トップページ ›葬儀費用のご案内

生活保護受給者の方は、自己負担なしでお葬式を行えます。

生活保護法により、生活に困窮する全ての国民に対して必要な保護を行なわれることになっています。
その中には、生活扶助や医療扶助の他に、お葬式の扶助も含まれています。
生活保護受給者の方で、葬祭扶助制度が適用された方は、自己負担0円でお葬式を行う事が出来ます。

葬祭扶助制度支給対象者と適用範囲について

故人の子、父母、祖父母、孫、兄弟姉妹などの扶養義務者や、その他のご遺族のうち、困窮していて葬儀が行えない方に適用されます。
支給金額の基準額上限は、大人201,000円、子供160,800円となっており、地域によって差があります。

支給の対象となるのは以下の項目です。

  • 葬儀料
  • 納骨料
  • 読経等に伴う僧侶への謝礼
  • 火葬料および火葬容器代
  • 自動車料金、その他死体の運搬にかかわる費用
  • 死亡診断または死体検案に要する費用(文書作成手数料含む)

※詳しくは申請者、または故人様の住民票のある自治体にお問い合わせください。

お葬式の流れ

葬儀ステーションでは、葬祭扶助対象となるお葬式は、当社独自の火葬式プランで行います。
火葬式(直葬)とは、お通夜・告別式などの儀式を行わず、ごく限られた親しい方のみで火葬場に行き、最低限のご火葬のみを行う最もシンプルな葬儀形式です。
祭壇を飾らず、会葬者を招かないので、儀式で生じる費用や、会葬者への接待の費用が軽減でき最も経済的な葬儀と言えます。

※火葬式プランの詳しい流れにつきましては、火葬式プラン専用ページをご覧ください。

どのようなことでもお気軽にご相談ください!!

  • 詳しくはこちら
  • 事前登録資料請求